Skyrim Special Edition Mod データベース

検索結果:MOD管理 おすすめMOD順search

 [ユーティリティ] Mod Organizer 2 Download ID:6194 Author:Tannin - MO2 Team 2019-08-02 03:53 Version:2.2.1
RATE: =635 G=38 TAG: [Tool] [MO] [MOD管理] [セーブ] [定番] [日本語化対応]
Mod Organizer 2 Title画像

Mod Organizer 2

概要:
このプロジェクトは、主宰がNexusに引っこ抜かれた後も、新しいメンバーによって積極的に取り組まれています。

最新の状況はDiscord Serverで確認してください。
Discord Server ⇒ https://discord.gg/cYwdcxj
※アカウントの作成が必要です。

・githubでのリリース、プレリリース版(リリース候補広域テスト向け)
 https://github.com/ModOrganizer2/modo…

・公式リリース版更新履歴
 https://github.com/ModOrganizer2/modo…

・開発版更新履歴
 https://github.com/ModOrganizer2/modo…

公式翻訳 ⇒ https://www.transifex.com/tannin/mod-…
※アカウントの作成が必要です。詳細は日本語化のセクションを参照してください。
※transifexへ登録するとき Ja"p"anese ではなく Ja"v"anese で申請してしまわないように注意!

このページの目次
・概要
・使用方法など
 最初にみるべきブログへのリンク
 MO2の用語集
 MO2のヘルプ機能の説明
・インストール時の注意事項など
 Installer版とArchive版の説明
 必須ランタイムの説明
 注意事項(動作不良の原因)
 SS3枚目の説明
 各ファイルのハッシュ(MD5)
 日本語化について
 本体の更新方法
 MO1とMO2の違い
 MO1からMO2への移行で障害になっているかもしれない件の説明
・MOの動作でなんらかのエラーが起きたときの一般的な対処方法
・MO2と相性が発生するツール
・環境構築に関するMod類の紹介
・便利なツールの紹介
・知っていると便利な豆知識
 ショートカットボタンの設置
 オーダー変更時の便利な操作方法
 セパレータを使用した視認性の向上方法
 Modのバックアップ機能
 仮想ディレクトリ構造内ファイルの書き出し
 MO2本体とModを含む全環境移設の方法
 ゲームごとにMO2を使い分ける方法(Skyrim LEとSkyrim SEなど)
・MO2の更新履歴の抜粋
・MOのFAQ集へのリンク
・関連Modの説明
・他のMod管理ツールへのリンク

=============================================================================
 使用方法など
=============================================================================
基本的な使い方はMO1と同じですが、便利な機能が多数追加されています。
使い方がわからない場合は無印版のページ [Skyrim]Mod Organizer を読むか、
"Mod Organizer 使い方" などのワードで検索をしてみてください。
また、追加された機能の詳細は、"更新履歴の抜粋" にまとめがあります。

・基本的な解説は以下のブログで解説されています。
 導入方法:https://tktk1.net/skyrim/tutorial/ins…
 使い方:https://tktk1.net/skyrim/tutorial/use…

MO2用語集
・ペイン ⇒ 枠のことですが基本的に枠内にあるメニューを指しています。
 例: 左ペイン(Modリストを指す)
・左ペイン一番下の最優先Modな場所である、Overwrite
 ここは、オーバーライト、上書き、Overwriteで統一されていませんが、これらの語句はこの
 場所を指します。
 ※正式名称は、"オーバーライトModディレクトリ" です。
・左ペインの並び順を、Install oreder ⇒ インストールオーダー、インストール順、
 インストール順序と統一はされていませんが、これらの語句はすべて同じ意味です。
・右ペインの並び順を、Load order ⇒ ロードオーダー、ロード順、
 ロード順序と統一はされていませんが、これらの語句はすべて同じ意味です。
 ※左右のペインの並び順をどちらとも区別せず "ロードオーダー" と一括り(一律)で
 表現されることが多々あります。

MO2のヘルプ機能について
・各項目にツールチップ(カーソルをあてる)
・各項目上で 右クリック ⇒ ヒント
・右ペイン上部にある 青字の? ⇒ UIのヘルプ ⇒ カーソルが?マーク時に項目をクリック
・ウィンドウ内にある右上の?クリック後に項目をクリック

=============================================================================
 インストール時の注意事項など
=============================================================================
●Installer版とArchive版の説明
初回インストール時は、Installer版を使用すると、
MO2が必要とする下記 "●必須" の項目にあるランタイム類をすべてInstallerが自動的にダウンロードします。 #205
備考:
Firewallを使用している場合、環境によっては.exeへの許可(通過、透過、allow)が必要です。

Installer版を使用してインストールしたけど、なんか挙動が変かもしれない……
もしかすると、MO2のダウンロードミスってるかも?な場合はArchive版をダウンロードして、ここのMD5ハッシュの値と比較後にインストールしてください。
ハッシュの値が一致しているなら、あなたの手元にあるファイルは間違いなく正常なファイルです。

本体の更新時も同様に、Installer版で更新をかけることも可能ですが、ここにあるMD5ハッシュと手元のファイルの値を確認することができますので、Archive版の使用を推奨します。
このローカル環境だけで完結できる点がArchive版の利点となります。更新時の注意については、すぐ下のセクション "●本体の更新方法" を参照してください。

●必須
MSVC 2017 runtime libraryが必要です。
x86版とx64版の両方の2017 redistributable(VC redist x86、VC redist x64)がいります。
https://visualstudio.microsoft.com/ja…

●動作不良の原因になることがあるので注意!
MO2のインストール場所に英数以外の日本語が含まれている、フォルダ階層が無駄に深い、フォルダ名が異様に長い、
C:\Program Files、C:\Program Files (x86)以下でOSの管理者権限(UAC)が絡む場所にあると不具合が発生し動作に支障をきたす可能性が増しますので避けてください。
※v2.1.6で、管理者権限対策のため、デフォルトのインストールフォルダが "C:\Modding\MO2" へ変更されました。
また、上記の問題が発生しかねないフォルダ以外にインストールした場合でも、MO2の仕組みとして、割り込み(hook)をかけて干渉し、仮想ディレクトリ構造内データ(MO2\mods)を "skyrim\data" へ偽装しますので、UACの設定レベルによっては警告がでます。特別な理由がないかぎり、"管理者としてこのプログラムを実行する" にチェックをして権限を付与しておくと無用なトラブルが防げます。
その場合、ModOrganizer.exeだけの付与で問題ありません。
※skse_loader.exeなどへ個別設定は不要です。
(親である)MO2を経由して起動した(子の)実行ファイル類は管理者権限が委任され自動で付与された状態で起動します。

●公式リリース版では、基本的にこのようなことになることはありませんが、インストールがうまくいかなかった場合は、念のためSS3枚目の場所で、"許可する" にチェックが入っているか確認してください。

●各ファイルのハッシュ(MD5)です
・Mod Organizer 2 (Archive)-6194-2-1-6.7z
 MD5: b122a1fb47be7065ac2819c4f27e57d7

・Mod Organizer 2 (Archive)-6194-2-2-0.7z
 MD5: 654f73eaf2a524d7b62633376cbde5b2

・Mod Organizer 2 (Archive)-6194-2-2-1.7z
 MD5: 5f684aeba934f84adc59c28ea7496fec

参考:
本文筆者が使用しているハッシュを取得するツールです。
http://implbits.com/products/hashtab/ (日本語化されています)
使用方法:
任意のファイルを右クリック ⇒ プロパティに "ハッシュ値" タブが追加されています。
___________________________________________

●日本語化について
MO2は、翻訳達成率が60%を越えていないと、公式リリース版へその言語は反映されません。
v2.1.6以降は改善されていますが、v2.1.3とv2.1.4で、項目が多数実装され、翻訳を必要とする場所が一度に数百件程度増えたことにより、この閾値を下回りました。
そのため、v2.1.4とv2.1.5はダウンロードしてきたままでは日本語化できません。
翻訳に興味を持たれたかたは、下にある "日本語化 Version:2.1.5" のreadme.txtを参照してください。

※transifexへ登録するとき Ja"p"anese ではなく Ja"v"anese で申請してしまわないように注意!
間違って、Javanese で申請してしまった場合は、Japaneseで再度申請し直してください。
また、MO2の開発チームで申請を受理する権限を持つメンバーはこの件について認識していますので、間違わないことに越したことはありませんが、大丈夫です。
___________________________________________

●本体の更新方法
Archive版をダウンロードして、展開してでてきたものをすべて既存のMO2フォルダに ”上書き” してください。
更新前の環境(Modのロードオーダーを含むすべての状態)は、本体の更新(すべて上書き)をしても変更されることはありません。

●更新するとき事前に知っておくと安心できるMOの仕組み
MOは.exeを実行したあとに、ユーザー個人の各種設定ファイルを自動作成するように設計されています。
そのため、ダウンロードしてきた素のファイル群に、各自で設定したファイル※(後述)は一切含まれていませんので "すべて上書き" してしまっても問題はありません。
この仕組みにより、更新したら既存の設定が初期化された、ロードオーダーが勝手に変更されてしまったということは通常ではおきません。

※ポータブルモードの場合
ユーザ各自の設定はMO2をインストールしたフォルダ内の、
mods、overwrite、profiles の各フォルダ以下に格納されています。

備考:
本文筆者はMO2のInstaller版を使用したことがありません。
追記: Installer版でも問題はないとの報告がありました。#214
___________________________________________

●MO1とMO2の違い(32bit、64bitは別として)
MO1は起動モードが一種類でしたが、MO2はインスタンスモードとポータブルモードがあります。
※MO2の初回起動時に選択画面がでます。
下記の理由により、特別な理由がない限り、ポータブルモードを選択することを推奨します。

・インスタンスモード
 ※デフォルトでこちらが選択されています。
 各設定が C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\ModOrganizer\Skyrim\ に格納されます。

・ポータブルモード
 ※手動で選択する必要があります。
 MO1と同じようにMO2のインストールされたフォルダに各設定が格納されます。

注意!
[Skyrim]Merge Plugins を使用するには、必ず、"ポータブルモード" で設定する必要があります。(詳細はリンク先を参照)
※既にインストールしてしまっていて、変更したい場合 #192

●MO1からMO2への移行で障害になっていると思われる件について
MO1の右ペイン アーカイブタブ
原文 □ Have MO manage archives(read more)
意訳 □ MOがアーカイブファイルを管理する(詳細はここ読んで)

※デフォルト設定だとチェックされています。
この項目の意味
BSAファイルしかないModでもMO1が面倒をみてくれるので、読み込ませるためのespは要らない。結果的に読み込みesp枠が一個減るという機能。
ここのチェックを外してMO1を運用していて、問題が起きていないかたは、MO2への移行は障害になりません。
また、この項目はMO1からMO2への仮想的な移行確認手段にも使用できます。

確認方法
① □ Have MO manage archives(read more) のチェックを外す前に
アーカイブタブに表示されてる.bsaの状態を確認する。(SS撮っておくのを推奨)
② チェックを外してMOを再起動し、.bsaの状態を①のSSと比較する。
ここに差がなければMO2へ移行はタブン障害になりません。

例1:
hoge.bsaとhoge.esp
このhoge.espはhoge.bsaを読み込ませるためにある。
[Skyrim]TES5Edit
SSEEdit
[Skyrim]Mod Analyzer
などで確認できます。

例2:
hoge.bsaのみでhoge.espがないMod
この例2のMod(hoge.bsa)はMO1では問題ありませんがMO2では問題が発生します。
※正確にはロードオーダーの優先度が "設定されない/できない" のでMO2のロードオーダーの制御から外れてしまいSkyrim本体の.exeに委ねられます。(ファイル日時での制御へ移行)
この制御外になってしまうModの数は多くありませんがごく少数存在します。

その対策
・MO2で読み込ませるには、BSAを展開してルーズファイル化する。
 区別なくルーズ化すると管理がMOとはいえ大変になりますので、
 .bsaがあるのにespがない変則的なModの場合のみルーズ化することを推奨します。
・LEとSEの.bsaは拡張子こそ同じですが、相互に互換性はありません。
 SEでLEのModを使用するにはルーズ化するかSE用にアーカイブし直してください。
・espを自作する。
・skyrim.ini の [Archive]セクション に自分で書き足す。
このどれかになります。

注意!
・この機能は、NexusのDescription(ページ内検索キー ⇒ BSA PRIORITY)にあるように、
 取り消し線が入っています。
 MO2の初期にMO1の作者自身がこの機能は実装しないと宣言しています。
 そのため引き継いだメンバーも同様に実装することはありません。
___________________________________________

●MOの動作でなんらかのエラーが起きたときの一般的な対処方法
※MOは安心安全なツールですが、基幹技術である仮想化の仕組み上、アンチウイルス系のアプリの誤動作により、一般的なファイルと比べて誤検出される可能性が極めて高いです。
MO2の開発チームに寄せられる相談でかなりの割合を占めています。

・アンチウイルス系の動作を一時停止させての様子見。
 (1) ホワイトリスト(ウイルスの検知動作除外リスト)に
 SkyrimとMO関連の.exeやフォルダを登録しての様子見。
 (2) ホワイトリストに登録しても挙動が変わらない場合は、(1)に記載したまま、
 アンチウイルスソフトそのものの動作も停止させる。
・MOが正常に動作しないので、アンチウィルスソフトの動作を一旦停止して様子を見たが
 改善しないなどの場合、すでに動作に必要とするファイルが削除されていた可能性もありま
 す。場合によってはMOを再インストールしてみてください。
・ある日突然、不安定になった場合は、日々更新され配信されているアンチウィルスソフトの
 パターン検知ファイルが罠を仕掛け、誤検出 ⇒ (密かに)削除していることもあります。
・少し上の項目 ●動作不良の原因になることがあるので注意! の欄も再度確認!
・MOを経由せず、直接LOOTなどが起動できるかの確認。
・LOOTなどがインストールされている場所を
 MO同様にC:\skyrim_tools\LOOT など浅い階層かつ、MO2と物理的に同じドライブへ移動。
 ※ディスクはパ-ティションを切っていない場合。
 パテ切りしているなら論理的に同じドライブへ移動すること。
・Skyrim Launcher を起動し、レジストリのエントリへSkyrimを再登録。
 [Skyrim]Skyrim Registry Utility でレジストリの確認と登録もできます。
・HDD or SSD のscandisk(バッドセクターなどで機械的にエラーがないかの確認)
 また、併せてCrystalDiskInfoなどでドライブの状態を確認。
・PC本体に負荷試験を実施して根本的にPC自体がしっかり安定動作をするかの確認。
 prime95 x64、MemTest64、GPU_Caps_Viewer、FurMarkなどを使用して
 PC本体に負荷試験を実施しての様子見。
・SkyrimおよびMOなどのインストール場所を別のドライブへインストールし直しての様子見。
・仮に、いままでPCを起動しっぱなしで確認をしているなら再起動。
 レジュームやサスペンド、高速スタートアップではない状態からの起動し直し。
・Windowsのログイン名に日本語を使用していた場合は、英数のユーザー名に変更。
・最後の手段のOS再インストール。
___________________________________________

●MO2と相性が発生するツール
Mactype ⇒ https://www.mactype.net/
を使用して、下記のツールを使用すると問題が発生します。
除外プロセスに必ず登録しておいてください。
BodySlide and Outfit Studio
Wrye Bash
___________________________________________

●環境構築に関するMod類の紹介
・MOと直接的な関連はありませんが、Skyrimのインストールが終わった、
 安定した環境の構築が完了したなどの場合、
 [Skyrim]Game Folder Cleaner を使用しスナップショットを
 撮っておくことを推奨します。
・LE、SEがある程度共通
 TAG https://skyrim.2game.info/tag/%E5%95%…
 SE向け 
 TAG: [問題解決] 
 を参照してみるとなにか解決策があるかもしれません。(各DB内のタグで検索)

●便利なツールの紹介
https://forest.watch.impress.co.jp/li… ⇒ Everything(日本語化されています)
 PC内にある全ファイルをリアルタイムで検索できます。※OSの持つ検索機能より高機能です。
 Modで追加したファイルの確認や、その所在確認など。
https://forest.watch.impress.co.jp/do… ⇒ Everything Bridge(元から日本語です)
 上記Everythingの機能を拡張するツールです。
https://forest.watch.impress.co.jp/do… ⇒ Wox(日本語化されています)
 上記Everythingの機能を拡張するツールです。
https://forest.watch.impress.co.jp/li… ⇒ WinMerge(日本語化されています)
 .txtや.ddsなど、2つのファイルで差分の部分を強調して比較ができます。
 MCMを内蔵するModのVerupでどこに変更箇所があったかの確認や、
 テクスチャのどこに違いがあるかの確認など。
=============================================================================

●知っていると便利な豆知識
① 右上のSKSEなどの項目を選び、すぐ横にある、 ショートカット ボタンを押して、
ツールバー を選ぶと 警告マークの真横にSKSEなどのショートカットボタンが作られます。
(ボタンの消去は右クリックで可能)
② MOの左ペインで優先度の数字の部分を、シングルクリックすると
数値を上下させるボタンと、数値を入力できるボックスが表示されます。
同様に、右ペインの優先度の数字の部分も、ダブルクリックすれば同じことができます。
ドラッグ&ドロップと組み合わせると、より便利にロードオーダーの変更ができます。
③ SS2枚目の右側のように、
"---------- ↑ 未適用 -------------------------"
"---------- ↓ 未適用 -------------------------"
などの区切り表記を入れると視認性がよくなります。また、設定にあるカテゴリーへ、
"------------------------------------------"を登録し、
カテゴリー欄でも区切りをいれることもできます。
※v2.1.6でセパレータ機能が実装されました。
(左ペインのModで右クリック ⇒ 全てのMod ⇒ セパレータの作成)
④ 左ペインで右クリック ⇒ "バックアップの作成" をした場合、左ペインの一番上に、
そのバックアップが作成されます。
※Modで右クリック ⇒ 再インストールで "バックアップの保持" にチェックを入れたときと同じ動作になります。
備考:
backupの文字を末尾に含むModはMOから名称変更とチェックボックスの操作はできなくなります。
Mod名を戻すときは、MOのmodsフォルダへ直接エクスプローラー経由で変更をかける必要があります。
⑤ MOが構築中のすべての仮想ディレクトリ構造内のファイル名を書き出す。
右ペイン ⇒ データタブ ⇒ dataの上で右クリック ⇒ ファイルへ書き込み... ⇒
デスクトップなど任意の場所を指定する ⇒
適当なファイル名と拡張子を.txtで保存する。 例: hoge.txt
もしくは、内部フォーマットはTAB区切りなので、.csvファイルとして保存する。例: hoge.csv
このファイルには、MOが認識し仮想ディレクトリ構造内にあるすべてのファイル名が書き込まれています。(今見ているタブのすべてのファイル名です)
⑥ Mod環境の移設方法
・PCを新調するのでMO環境を移植
・別のドライブへ移設したい。(HDDからSSDへ)など
注意事項!
インストーラー版ではなく、アーカイブ版をインストールしている。
インストーラー版はv2.1.6で改良され、各ユーザーが任意でインストールした場所を内部で保持し、本体の更新時にその保持した内容を読み込み、任意の場所にインストールされたMO2を更新するという機能が実装されています。本文筆者はMO2のインストーラー版を使用したことがないので、この値を保持している場所が、レジストリなのか、.iniなのかわかりません。

ポータブルモードでインストールし、デフォルト設定で運用している場合は、
各ディレクトリが、C:\Modding\MO2 内に格納されています。
確認方法: 左ペイン上部の "設定と代替手段" もしくは "設定" ⇒ パス のタブ
・ベースディレクトリ ⇒ C:\Modding\MO2
・ダウンロード ⇒ %BASE_DIR%/downloads
・Mod ⇒ %BASE_DIR%/mods
・キャッシュ ⇒ %BASE_DIR%/webcache
・プロファイル ⇒ %BASE_DIR%/profiles
・オーバーライト ⇒ %BASE_DIR%/overwrite

旧MO2のインストールされている場所 ⇒ C:\Modding\MO2
新設したドライブは Eドライブで、このドライブへ移設する ⇒ E:\Modding\MO2
※これらの環境を前提としての説明です。

① MO2のインストールされているディレクトリ C:\Modding\MO2 から
E:\Modding\MO2 へそのまま丸ごとコピーします。
② E:\Modding\MO2からMO2を起動します。
上記の 確認法: で、ベースディレクトリ(MO2のインストールされている場所)を
C:\Modding\MO2 ⇒ E:\Modding\MO2 へ変更します。
また、併せて各種パスを環境に合わせて変更します。
Skyrim本体をインストールしている場所も変更した場合は、一番下の "管理しているゲーム"   の項目でパスを変更します。※v2.1.6で実装された項目なので、
v2.1.5だとゲームのパスをこの画面から変更することはできません。
その場合は、E:\Modding\MO2\ModOrganizer.ini を直接書き換えてください。
③ MO2を起動し、数分(1~2分)ほど待ちMOの全起動工程の完了を待ちMO2を閉じます。
※この時、ロードーオーダーなどのチェックがすべて外れている可能性があります。
しかし、慌てないでください。
④ 再度MO2を起動します。今度はチェックボックスなどが正常にチェックされているハズです。
もし、チェックされていなかった場合は、手動でチェックし直して様子をみるか、
MO2を閉じて、旧環境のC:\Modding\MO2\profiles\Defaultのフォルダ(デフォルト設定で使用していたならば)にある、loadorder.txt、lockedorder.txt、modlist.txt、plugins.txt
を新設した、E:\Modding\MO2\profiles\Defaultへ"上書き"してMO2を再度起動します。
おそらくこれで復旧すると思います。
※いずれにせよ、C:\Modding\MO2\profiles\Default 以下のフォルダにMO2のほぼすべての設  定内容が記録されています、ここさえ残っていれば旧環境から新環境への完全移植への保険になります。
移設とは直接の関係はありませんが、新環境の "E:\Modding\MO2\profiles"
この場所を定期 的にバックアップすることを推奨します。
⑤ MO2のlogフォルダ内の.txtを見て、新設した場所をMO2が確実に参照しているかを確認します。
⑥ MO2を使用して、Modのダウンロードをしている場合、
ブラウザに渡すMO2のパスが今回の作業で移動していますので、MO2を閉じて、
E:\Modding\MO2\nxmhandler.exe を "直接" 叩いて起動し、メッセージに従い、ブラウザへ再レジストしてください。

表示メッセージの意訳:
MOへのnxmリンク(Nexusの "Download with Manager" というボタン)を押したときの関連付けがブラウザにされていません。
・Yes 関連付けをする。
・No,don't ask again 関連付けをしない、そしてこのメッセージを再表示しない。
・No 関連付けをしない。

⑦ ゲームごとにMO2を使い分ける方法
・MO2を複数個インストールし、それぞれのゲーム専用にMO2を割り当る。
 例:
 LEとSEがともにEドライブにインストールされている。
 方法:
 MO2を、E:\MO2_LE、E:\MO2_SE と別々にインストール。
 ※このとき、必ず両方とも "ポータブルモード" を選んでください。
・一つのMO2でLEとSEの使い分け
 メインで遊ぶゲームを、ポータブルモード、そうではないゲームを
 インスタンス モードで管理する。
・MO2を一つだけ "インスタンスモード" でインストールし、
 各ゲームは、インスタンスを切り替えながらの運用する。(左上の"インスタンス選択ボタン")
___________________________________________

MOの2更新履歴の抜粋(Changelogsの拾い読み+α)
以下の項目にすべての変更内容は記載していません。

※字数制限に達したため旧版の更新内容は削除しました。(2019/08/04)
各バージョンで実装された機能や仕様の変更に関する特徴などのまとめにもなっています。
MO2を使い始めて間もない。これから使ってみる。
M01から移行したなどに該当するかたは目を通しておくことを推奨します。
削除した以前の履歴 ⇒ https://pastebin.com/cBYQj3hx

●v2.2.1
・メニュー、ステータスバー、ツールバーなどが実装されました。
 これらのメニューは小さくしたり、隠すことができます。
・API関連のバーはステータスバーに移動されました。
・シンボリックリンクを検出して、警告表示されるようになりました。
 ※Usvfs内でシンボリックリンクを使用するとゲームが不安定になるかCTDします。
・実行可能ファイルのリストが改善されました。
・詳細画面の競合表示が改善されより分かり易くなりました。

●その他の変更点
・7zipのライブラリーが随時更新されていますので、Modのインストール時に、マルチスレッド で効率よく展開しての導入が可能です。
・.ddsファイルのプレビューができます。
・data\skse 配下のフォルダもプロファイルから個別に切り替えて使い分けが可能です。
・ツリーなどを展開した場合、基本的に最後の状態を記録しますので、次回もその状態を保った まま表示されます。
・実行ファイルの設定 ⇒ "オーバーライトではなくModとして~" を選択し、
 直接選択したModに生成物を送ることができます。(SSの2枚目を参照)
___________________________________________

●MOのことをもっとよく知りたい、FAQ集的なものってないの? な場合、
[Skyrim]Mod Organizer
ページの一番下 ⇒ 日本語化 Version:1.3.11 [#1217] 2018-04-28 00:11:31 18KB [DOWNLOAD]
をダウンロードしてください。このファイルの実体は "MOの解説書(改訂版).7z" です。
___________________________________________

●関連Mod
[Skyrim]Paper Themes for Mod Organizer 2 - Light and Dark UIスタイルの変更(スキン)
Mod Organizer - Orphaned script extender save deleter plugin MO2用プラグイン
https://www.nexusmods.com/morrowind/mods/45642 MO2用Morrowindプラグイン
 日本語化ファイル
 http://www.mediafire.com/file/598uqba…
https://github.com/deorder/mo2-plugins Merge Plugins向けのプラグイン
 [Skyrim]Merge Plugins
Nexus Skyrim Special Edition Categories for Mod Organizer 2 Nexus準拠カテゴリー #282

●他のMod管理ツール
BMO - Basic Mod Organization
TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind
[Skyrim]Kortex Mod Manager (KMM)
Vortex
2GAME JAPANESE TRANSLATION UPLOADER
  • 日本語化 Version:2.2.0
    2019-05-14 19:13:22 116KB [DOWNLOAD]
  • 日本語化 Version:2.1.6
    2018-12-28 19:10:18 493KB [DOWNLOAD]
  • 日本語化 Version:2.1.5 翻訳rev1.1
    2018-11-24 15:09:48 155KB [DOWNLOAD]
  • [続きを見る]
  • Mod Organizer 2画像1
  • Mod Organizer 2画像2
  • Mod Organizer 2画像3
  • Mod Organizer 2画像4
Skyrim Special Edition Nexus, Tannin - MO2 Team. 2 Aug 2019. Mod Organizer 2. 15 Dec 2016 <https://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/6194>.
[コメントを読む(361)] [コメントを書く]

 [ユーティリティ] Wrye Bash Download ID:6837 Author:Wrye Bash Team 2019-09-27 07:33 Version:307.beta4
RATE: =546 G=8 TAG: [Tool] [MOD管理]
Wrye Bash Title画像

Wrye Bash

MOD総合管理ツール

主にLeveled ListsのマージやTweek機能、セーブ管理の他、
個別にTagを付けて一部優先させるなど、
MODを導入の上では必要不可欠のツールとなっています。

デフォルトでutf-8に対応。日本語が文字化けしなくなりました。


■■Bashed patchの作り方 (Tag付けの適用やLeveled Listsなどの競合を回避します)
  以下は最低限の使用方法です。
壱] 一度、LOOT - Load Order Optimisation Toolでロードオーダーを調整します。

弐] WryeBashを開き、MODsタブで一番上の「File」欄を右クリック→File→New Bashed Patch...と選択する
  (場合によってはすでに、Bashed Patch, 0.espが自動生成されているので、
  New Bashed Patch...はせず、3.へ進んでください)

参] 生成されたBashed Patch, 0.espにマウスをのせ右クリック→「Rebuild Patch」を選択。

四] 「Build Patch」を押してBashed patchの作成が完了です。
  作成後ロードオーダーは最優先するのが一般的です。
  (MOから実行している場合はOverwriteフォルダをMOD化してアクティブにします)

伍] Bashed patchでマージされているMODを外した場合、もう一度作り直しを推奨します。

■■----------■■


●自環境でBashed Patchが必要かどうかの判別方法
1. SSEEditで今のMOD構成を全部読みこむ。
2. Messages欄に Background Loader:finished と表示されるまで待つ。
3. 表示されたらSkyrim.esmのツリー構造を1段階だけ開く( + 部をクリックするだけ)
4. その中の項目の「Leveled Item」「Leveled NPC」「Leveled Spell」の項目を開く。
5. バニラ(Skyrim.esm)に変更が加わっている箇所の背景が色が変わっているので調べる。
   白色  → 変更が加わっていません。
   黄色  → 単独のMODによる変更のみです。
   ピンク(赤)→ 複数のMODによる変更が存在します。
つまり、全ての項目が白か黄色のみならPatchを作成する必要はありませんが
1つでもピンクの項目があるとそこで上書き競合が発生しているので必要となります。


Mod Organizer 2での起動
実行ファイルとして登録、その際とくに引数への記入なしで日本語対応します。


■discord https://discord.gg/Cpe4ZaH


■関連
SSEEdit
LOOT - Load Order Optimisation Tool
  • Wrye Bash画像1
Skyrim Special Edition Nexus, Wrye Bash Team. 27 Sep 2019. Wrye Bash. 1 Jan 2017 <https://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/6837>.
[コメントを読む(64)] [コメントを書く]
 [ユーティリティ] Vortex Download ID:14987 Author:Nexus Mods 2018-02-14 02:49 Version:0.13.0
RATE: =167 G=10 TAG: [Tool] [MOD管理] [日本語化対応]
Vortex Title画像

Vortex

VotexはNexusが開発した新公式modマネージャーです。
SkyrimSEページのファイルは現在隠されており、次の場所から最新版がダウンロードできます。
 Vortex - Beta http://www.nexusmods.com/site/mods/1
 日本語パッチ Japanese Translation for Vortex https://www.nexusmods.com/site/mods/32/

開発コンセプトは「PCやmodの扱いにあまり詳しくないユーザーでも扱える高機能マネージャー」です。
NMMと同じくハードリンク形式の仮想化を採用し、MOと同じくファイルの競合確認と上書き設定、安全なmodの出し入れ等が簡単確実に行えます。



-基本的な使用法-

初期設定
1.GENERAL→SETTINGS→AdvancedとAutomationをonにする(特にAdvancedの2項目はonにするのを推奨)
2.GENERAL→EXTENSIONSから管理したいゲームのみをenableにする(その他のアプリ類はdisableしないこと)
3.GENERAL→GAMES→Quickscan(時間がかかります)
4.restartを要求されたらVortexを再起動する
5.GENERAL→PROFILES→Add"管理するゲーム"Profileでプロファイルを追加する
ひとつはバニラ状態のプロファイルを残しておくと良いでしょう。なお、"Edit"となっているプロファイルが現在有効なプロファイルです
注意:各プロファイルのSave Gamesはyesを選択することを強く推奨します。noのままだとVortexが全てのセーブデータを読み込もうとするためどエライことになります
6.DASHBOARDに各種ツールを登録する(任意です。MOとは異なりVortex経由で起動しなければならないツールはありません)


mod管理
1.MODS→MODS及びPLUGINSの画面右上歯車アイコン→Dependenciesにチェックを入れる(競合確認やオーダー設定の項目)
2.Nexusからダウンロードする(downloads with managerできます。手動ダウンロードも可能)
3.画面右上のベルアイコン→install(modファイルが解凍される)
4.enable(modファイルがdataフォルダにハードリンクされ導入される)
5.modを外す場合はStatus→disableでdataフォルダからリンクが外れる
6.ActionsからファイルのRemove(削除)やupdate確認、Re-install、ファイル確認ができる



ファイルの競合確認とロード順設定について *超重要項目です。
・競合がある場合はDependenciesに稲妻アイコンがつく。クリックしてロード順を設定する
・mod単位で「A load after B」にするとmod Aが有効となる。「A load before B」だとmod Bが有効
・ファイル単位でロード順を設定することができ、「基本的にmod Aを有効にするが、mod Bのb fileのみ有効にする」といった弾力的な設定もできる


espのソートについて *要注意項目です
NMMやMO等の既存のマネージャーと大きく異なり、デフォルトでVortexが自動的にespをソートし、ユーザーがespのソート順を変更するのに手間がかかる。初心者フレンドリーである反面、「慣れた」ユーザーからは批判も大きい。
オートソート規則は画面上Manage Groupsで確認できる。大半のespはGroupが設定されていない(defaultに設定)が、esp名をダブルクリック→Groupを追加することである程度コントロールできる。

個別にソート順を変更する方法は大きく次のふたつ
・A.espのDependenciesを選択してからB.espを選択することでA load after Bが設定される。またはA.espをB.espにドラッグする(LOOTのメタデータ編集と同様の操作)
・esp名をダブルクリック→Sorted AutomaticallyをLocked to Indexに切り替えMod Indexを直接数値入力する

ソート順の変更設定が済んだら場面左上のSort nowボタンをクリックする


-その他-
・Creation KitやxEditはdataフォルダを認識するため、espを改変した場合Vortexが管理している元modのespと差異が生じます。modをdisableする時に「ファイルが改変されてるけど、オリジナルに上書きするしていいか?元に戻せないぞ」と聞いてきます。apply(いいよ)するかundo(嫌だ)するかよく考えましょう
・ハードリンク形式での仮想化であるため単純に容量が倍になったように見えます。気になる人は、dataフォルダにリンクを張る必要のないファイル(readme.txtとかespのバックアップファイルとか)は消しておくなり何なり
・Purge Modsボタンでリンクが全て外されバニラ状態に戻ります。復旧するボタンはありませんのでご利用は計画的に

以下の記事も読んでおきましょう。

Votexのインストールと使い方の解説
https://tktk1.net/skyrim/tutorial/ins…

Vortexの翻訳を手掛けている方のNexus wikiのVortexページの和訳
http://thinkingskeever.hatenablog.com…
  • Vortex画像1
Skyrim Special Edition Nexus, Nexus Mods. 14 Feb 2018. Vortex. 31 Jan 2018 <https://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/14987>.
[コメントを読む(92)] [コメントを書く]
 [ユーティリティ] TESVSE Plugin for Mod Organizer 2 Download ID:1725 Author:Archost 2016-11-09 11:46 Version:0.1.4a
RATE: =46 TAG: [MOD管理] [MO] [Tool]
TESVSE Plugin for Mod Organizer 2 Title画像

TESVSE Plugin for Mod Organizer 2

※※新しいMO2が出ました。
Mod Organizer 2

MOD総合管理ツールのMod Organizer 2を
SEでの利用対応可能にするプラグインです。
2016/11/11現在Alpha版です。

導入方法
①以下からMod Organizer Beta 3(MO2)をダウンロードしインストール。
 https://github.com/TanninOne/modorgan…

②MO2インストールディレクトリにあるpluginsフォルダに
 NEXUSでダウンロードしたgame_skyrimse.dllをコピー(#1 参考

※不確定ですが現在確認出来るMO2の利用不可な項目
- Nexusアカウントからのダウンローダー機能
- BSAの認識(アンパック推奨)
- 仮想ini
- NexusIDとの関連付け

コメント欄参照。
  • TESVSE Plugin for Mod Organizer 2画像1
  • TESVSE Plugin for Mod Organizer 2画像2
Skyrim Special Edition Nexus, Archost. 9 Nov 2016. TESVSE Plugin for Mod Organizer 2. 6 Nov 2016 <https://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/1725>.
[コメントを読む(18)] [コメントを書く]
 [ユーティリティ] TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind Download ID:6491 Author:monpetitbeurre 2019-11-14 11:14 Version:1.6.56
RATE: =46 TAG: [MOD管理] [Tool]
TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind Title画像

TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind

Oblivion Mod Manager Extendedというツールを発展させた新バージョン。
Skyrim,SkyrimSE,Ovlivion,Morrowindをサポートします。
GPLのライセンスによるフリーソフト


What you can do with it(サポートする全ゲーム前提の説明)
・単純なスクリプトを使い、複雑なMODの作成
またはC#スクリプトを使用、どのファイルがどこに移動し、iniファイルを編集するかを制御します。
・異なるフォルダ、ファイル、画像からMODを収集
・自動的にobm​​m/omodのMODをインポート
・自動的にNMM/Fomod MODをインポート(XML,C#両方のfomodスクリプトをサポート)
・zip/7z/rarファイルからMODを自動的にインポート。
・サポートされているすべてのゲームでNexusダウンロードマネージャ機能
・NexusからModの説明、著者、バージョン、ピクチャの取得
・MODの並べ替え、BOSSの呼び出し
・SKSE,OBSEを使用してOblivionまたはskyrimをの開始
・OBSE,SKSEのインストール、アップデート機能
・SkyProc patcherの導入,実行可能
・インストールされたSteam MODの検出,認識(ESP,ESMがある場合)
・MODの競合の検出
・統合されたDDSビューア,競合がある場合は優先されるファイルを選択します
・プラグインとしてリンクしたデータファイルの一覧表示
・MODを理論的にグループ化、一度でアクティブに出来ます
・BSAの表示,抽出,制作
・SAVEファイル管理
・SAVEデータの解析,MODの復元、元のロードオーダーに戻します。

関連
LE版DBページ
[Skyrim]TesModManager - OblivionModManager for Skyrim and Skyrim SE - Oblivion - Morrowind
日本語の情報が少ないのでLE版コメント欄など参考にしてください

その他MOD管理
Mod Organizer 2
BMO - Basic Mod Organization
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像1
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像2
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像3
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像4
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像5
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像6
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像7
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像8
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像9
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像10
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像11
  • TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind画像12
Skyrim Special Edition Nexus, monpetitbeurre. 14 Nov 2019. TesModManager - OblivionModManager for Skyrim SE and Skyrim - Oblivion and Morrowind. 22 Dec 2016 <https://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/6491>.
[コメントを読む(6)] [コメントを書く]
 [ユーティリティ] BMO - Basic Mod Organization Download ID:4499 Author:opusGlass 2017-01-24 15:00 Version:0.2.1Beta
RATE: =1 G=3 TAG: [MOD管理] [Tool]
BMO - Basic Mod Organization Title画像

BMO - Basic Mod Organization

個別ファイルに導入したMODファイルをシンボリックリンクを使いDataフォルダ以下に配置します。

ダウンローダー、インストール管理などの便利機能は一切ありません。
無謀な使い方をするとパソコンを壊す可能性が、と注意書きがあります。


▽シンプルな使い方、例
・任意のBMO用のフォルダに個別でMODをフォルダ別で導入します。 ※画像3
(MO2のmodsフォルダ、NMMのバーチャルインストールフォルダのように)
 導入したフォルダ名の頭に「@」を付けると無効に ※画像4

・params.text編集
 - DST= ←実際の任意のDataフォルダのパスを入力
 - SRC= ←最初に作ったBMO用のフォルダのパスを入力
 - EXE= ←実際のSkyrimSE.exeのパスを入力
 - CONTROL_LOAD_ORDER= ←TRUEでインストール順をロードオーダー順と認識のようです

・link.batを管理者権限で実行 ※画像5
 実際のDataフォルダ以下にシンボリックリンクによるファイルが配置、※画像6
 コンソールでの作業が終わるとランチャーが起動します。

・Utilitiesフォルダ内のdelink.batで配置したシンボリックリンクファイルを取り除く


詳しい使い方、新機能などはDESCをご覧ください。
  • BMO - Basic Mod Organization画像1
  • BMO - Basic Mod Organization画像2
  • BMO - Basic Mod Organization画像3
  • BMO - Basic Mod Organization画像4
  • BMO - Basic Mod Organization画像5
  • BMO - Basic Mod Organization画像6
Skyrim Special Edition Nexus, opusGlass. 24 Jan 2017. BMO - Basic Mod Organization. 18 Nov 2016 <https://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/4499>.
[コメントを読む(6)] [コメントを書く]
Real Time Information!CLOSE
1574271127 1574231054 1574285569 none none
▲ OPEN COMMENT